HOME  製品情報 UPS(無停電電源装置) SSPRO-1000/1500/2000/3000

SSPRO-1000/1500/2000/3000

 

ラインインタラクティブ方式

LCD画面付 
型番参考価格
SSPRO-1000¥ 54,000
SSPRO-1500¥ 79,000
SSPRO-2000¥ 92,000
SSPRO-3000¥122,000
迚ケ蠕エ
SSProシリーズは、正弦波出力を備えた高度な対話式の無停電電源装置(UPS)であり、従来のスタンバイ方式(オフライン方式)と比較した場合より短い時間で電源の切り替えを行える高速切り替えタイプを特徴とします。
バッテリーの充電方式である2つの方式(急速充電とトリクル充電)を組み合わせており、従来の無停電電源装置と比較して最も早く、かつ効率の良い充電を行います。

♦バッテリー交換の警告
バッテリー残量のテスト機能を提供するスイッチを操作することでバッテリーの劣化を検出し、交換時期を知る事ができます。

♦通信用インターフェイス
通信用インターフェイス(オプション)ポートを装備した場合、出力電圧・バッテリーレベル・負荷電力などの各種ステータスを取得する事が可能です。この通信ポートでスケジュール設定すると設定された特定の時間にテストを行い定期的なレポート作成などに活用可能です。

♦エクストラワイド ボルテージ機能AVR(オプション)
標準のUPSは、入力電圧範囲±25%に対して出力範囲±10%の変動があります。これに対してAVRオプションは±35%に対し出力±8%あるいは、入力範囲±22%に対して出力範囲±5%の変動に抑える事が可能な変圧器能を提供します。

♦ディップスイッチ:(SSPRO-1500/2000/3000)
ディップスイッチの設定によって異なる電圧や周波数に対応するためのUPS調整が可能です。負荷が25W以下の場合グリーンモード設定によってより省電力な動作をさせて負荷を抑えます。
讖滂ソス?
  • 正弦波波形の出力電力を供給
  • マイクロプロセッサを搭載した設計
  • 急速充電とトリクル充電の2段階の充電方式
  • 最短の切り替え時間
  • 自動バッテリー検査機能
  • バッテリーバックアップ可能タイムの表示(SSPROシリーズ)
  • 主要なOSに対応した通信用インターフェイス
    (MicrosoftのWindows系、Linux、SCO UNIX 及び DOS)
  • 過負荷、出力短路、過熱に対する保護回路
    (バッテリー運転によるバックアップ時のみ機能をします。)
  • グリーンパワーを基本とする設計による自動ON/OFF機能
隧ウ邏ー
背面詳細(SSPRO-650/1000のみ)

@ヒューズ
AAC入力インレット
BAC出力アウトレット(NEMA,IECを選択)
CRS-232インターフェイスコネクタ
Dフォーンジャック(RJ-11)FAXモデム用
Eバッテリーコネクタ(特殊なリクエストにより対応)

外部バッテリー接続用
背面詳細(SSPRO-1500/2000/3000のみ)

@ヒューズ
AAC入力インレット
BAC出力アウトレット(NEMA,IECを選択)
CRS-232インターフェイス
Dディップスイッチ
Eフォーンジャック(RJ-11)FAXモデム用
Fバッテリーコネクタ(特殊なリクエストにより対応)
 外部バッテリー接続用

付属品
  • ユーザーズマニュアル
  • RS-232Cケーブル (約1.8メートル)
ご注文の際は
  •  100V/200Vのボルト仕様をご指定ください
  •  出力差込口:NEMA/IECをご指定ください

MODEL

SSPRO-1000 SSPRO-1500 SSPRO-2000 SSPRO-3000
  (SSPROシリーズも仕様は同じ)
電圧率 600W 900W 1200W 1800W
入力 電圧 200V or100V+-25%(出荷時指定)
周波数 50Hz/60Hz 自動検出
出力 電圧 200V or100V+-10% (出荷時指定)
周波数 50Hz/60Hz+-0.1Hz
グリーン
パワー
レべル
20W+-5W

バックアップタイム

*1PCは約100W

1PC 35" 55" 75" 120"
2PCs 17" 26" 35" 55"
3PCs --- 17" 22" 35"
4PCs --- --- 17" 26"
6PCs --- --- --- 17"
バッテリー 12V7Ah
2pcs 3pcs 4pcs 6pcs
リチャージタイム(90%) 2譎時間俣
トランスファータイム <3ms
サイズ 長×高×幅(cm) 38×20×18 45×20×18 51×20×18 51×20×18
重量(kg) 15/16 21/22 25/26 36/37

*バックアップタイムとはUPSの放電時間、つまりPCが作動可能な残り時間のことです



LCDディスプレイについて
  1. オーバーロード:ロード(容量)がUPSの一定の率を上回った場合
  2. ロードレベル:ロード率が高くなるとバー(線)が増えます
  3. UPSがロードされている:ローディングが約30Wを超えていて、“グリーンモード”が有効なときこのシンボルが表示されます。25Wを下回るときには、シンボルが消えます。
  4. ノーマルorインバーターモード:
    1. UPSがノーマルモードのとき、バッテリーシンボルなしでシャインウェーブシンボルが常に表示されます
    2. UPSがバックアップ(インバーター)モードのとき、シャインウェーブシンボルとバッテリーシンボルが点滅します
    3. UPSがテストモードのとき、シャインウェーブシンボルが点滅するバッテリーモードと共に常に表示されます
  5. バクモード:(インプットボルテージが高すぎるとき)AVR(Auto Voltage Regulator)がUPSのアウトプットボルテージを削減します。
  6. ブーストモード:(インプットボルテージが低すぎるとき)AVRがUPSのアプトプットボルテージを増やします。
  7. タイマー有効:
    1. モニタリングソフトウェアを使用して、スイッチオン/オフ時間を設定できます。
    2. グリーンモードが有効で、ローディングが25W以下です。UPSは30秒で自動的にオフになります。
  8. サーマルアラーム:UPS内部の温度が55度以上で、ユーザーがロード率を削減せずに温度が上昇し続けた場合、UPSは60度の時点で自動的にシャットダウンします。
  9. FanがON状態:このシンボルはロングバックアップモデル(Lモデル)のみでの使用です。
  10. アラームオフ:アラームが消音になっていることを示します。バックアップモードにアラームをリセットする際は、コントロールボタンを押してください。
  11. UPS故障:UPSは故障しており、修理が必要です。
    1. バッテリーノーマル:ノーマルオペレーション時は、このシンボルはチャージされたバッテリーを表示します、
    2. バッテリーロウ:バッテリーチャージレベルがロウ(低い)時は、シンボルに“LOW”という文字を表示します。
  12. バッテリー交換:バッテリーが消耗していて、交換が必要です。
  13. バッテリーボルテージレベル:
    1. バッテリーボルテージが高くなるにつれ、バーが表示されます。
    2. UPSがバッテリーをチャージしているとき、バッテリーシンボルとレベルインディケーターが同時に点滅します。